mv-under

浄化槽の種類について

写真

浄化槽には、大きく分けて下記の2つの種類があります。

単独浄化槽

写真

これは、平成13年から新設が禁止されています。言わば、現在の環境基準には沿っていないということです。生活排水(流し台・浴室・洗面台・洗濯機からの排水)が、環境に影響を与えていることは否めません。
しかし、「強制的に既存のものを撤去」というわけにはいきません。
が、合併浄化槽への入れ替えが求められています。
この単独浄化槽、たくさんのメーカー(殆どが現存していない)が、たくさんの種類の浄化槽を製造しました。実際には、ほとんどの家庭では、この単独浄化槽です。

①全ばっ気式の浄化槽

ばっ気槽と消毒槽にしか分かれておらず、早くから製造が中止された。
処理能力に劣るため、年2回の清掃(汲み取り)が必要とされている。
トイレの排水が浄化槽に流入してくると同時に、エアーもしくはプロペラ等で撹拌される。これは、分解して細かくし、酸素を好む微生物が分解しやすくするためです。

②分離ばっ気式浄化槽

一番最初に、固液分離するための「沈殿分離室」が設けられている。
固液分離後の、中間水が曝気槽へ送られる。
①の全ばっ気式に比べ、微生物への負担が少ないのが特徴。
しかし、沈殿分離室の堆積状況(溜まっていないようでも、濃いい汚泥が曝気槽へ流入する場合もある)や、曝気槽の負荷の程度もあるが、1年に1回の清掃(汲み取り)が必要とされている。

③腐敗式の浄化槽

①や②とは逆で、酸素を好まない微生物による浄化を期待した装置。
①同様、早くから製造が中止された経緯を持つ浄化槽です。
こちらも、1年に1回の清掃(汲み取り)が必要とされています。

合併浄化槽

写真

家庭用の小型合併浄化槽(トイレ、台所、浴室、洗面台、風呂の排水を処理)先にも述べましたが、トイレの排水よりも、その他の排水が河川や海に大きなダメージを与えている状況を考慮し、設計されたものです。
わかりやすく言うと、汚いものとして家庭内から排除&排出される残飯・油脂・洗剤が河川に負荷を与えるため、それらを各家庭で処理するために考えられました。
以下の5種類の処理方式が示されています。

  • 1.活性汚泥の長時間曝気方式
  • 2.活性汚泥の標準活性汚泥方式
  • 3.生物膜法の回転板接触方式
  • 4.接触曝気方式
  • 5.散水炉床方式

しかし、これらは旧構造基準にある長時間曝気方式を主とした活性汚泥法です。そのため小・中学校あるいは公民館のような低濃度、低負荷を汚水に適用し、機能低下を生じたり余剰汚泥生成量の誤算から浮遊物質流出を生じたりしてきたのです。

浄化槽の処理方法

ずばり、河川や海の水質を悪化させるような水を排出させないことです。

そのために、様々な処理法が考えられています。
無機物は、生物による浄化はできません。
有機物及びりん・窒素の生物による処理方法とは?
排水中の有機物及びりんや窒素を微生物の浄化作用を利用して処理する方法です。
好気性処理と嫌気性処理があり、それぞれ好気性細菌、嫌気性細菌と呼ばれる微生物が使われます。
好気性細菌とは、溶存酸素を使って有機物を分解する細菌の事を言い、嫌気性細菌は無酸素の状態で有機物を分解する細菌をいう。

<生物処理法には>

  • 1.活性汚泥法好気性の微生物群(汚泥状のため活性汚泥と呼ばれる)を排水中に分散懸濁させて処理する方法です。
  • 2.回転円板法排水が滞留する槽内で円板を回転させ、円板表面に付着した微生物膜により処理を行う方法である。
  • 3.接触酸化法曝気槽内にネット状やパイプ状の充填物を設置し、充填物に付着生成した微生物膜を利用して排水を処理する方法である。処理は安定しており維持管理が容易である。
  • 4.嫌気性処理法嫌気性処理法は、一般に消化あるいはメタン発酵法と呼ばれ、酸素のない状態で嫌気性細菌により有機物を分解処理する方法である。
  • 5.生物的窒素、りん処理法
    • ①生物的脱窒素排水中のアンモニア態窒素は、曝気槽内の酸化的条件下で、亜硝酸菌あるいは硝酸菌等のいわゆる「硝化菌」の作用を受けて亜硝酸や硝酸イオンに変化する。次にこの排水を嫌気槽に導いて酸素を断つと、これらのイオンに含まれる酸素が微生物に利用され、窒素ガスが放出される(硝化反応)。
    • ②生物的脱りん水中のりんは微生物体内に吸収・蓄積される。これは、嫌気性状態に置かれると対外に放出される。しかし、微生物は再び好気条件になると放出した以上の量のりんを吸収する性質を持っている。この性質を利用したのが、生物的脱りん処理である。
    • ③生物的脱窒素・脱りん窒素とりんを同時に処理するシステムも考案されている。